2012年4月アーカイブ

紫砂泥料

 大家好!

 我是CLTS的茶艺讲师李燕珍

 

 三大主系泥料:紫泥,红泥,本山绿泥。

 紫泥类别:清水泥、红龙皮

 红泥类别:朱泥

 三种主要泥料的共生矿:底槽清、段泥

 降坡泥是产于黄龙山和青龙山之间的泥料,它很适合泡乌龙茶,和朱泥比起来,扬香稍逊色,但韵味更显著。这种泥料性较"脆", 比较易碎。

 腐泥是窖藏的泥料,具有原泥料的一切特征。做出来的壶美观但不影响泡出来的茶滋味。关于陈腐的时间有一个合理的期限,并不是越久越好。 

 古铜泥养起来不出效果,一般只用来做摆件,现在好的摆件也不再用古铜泥制作了。

 

 

li-y-12-4-21.jpg 

詳細情報

2012年4月21日 (14:02) | コメント(0) / カテゴリ:李燕珍@広州

西湖龙井

   大家好!

   我是CLTS的茶艺讲师李燕珍

 

西湖龙井茶产于美丽迷人的西湖龙井茶区,西湖龙井在人们的心中一直以来都有很高的声誉,是中国的十大名茶之一。西湖龙井中的龙井既是地名,又是泉名和茶名。其以"色绿、香郁、味甘、形美"四绝著称。

西湖龙井茶属于绿茶扁炒青的一种,扁炒青品质特点是形状扁平光滑,因产地和制法不同,分为龙井、旗枪、大方三种。

西湖美景、龙井名茶,早已名扬天下"峰""井""栖""跑""家坞"五个品类中以狮峰的品质誉为最佳。

 

 

li-y-12-4-17.jpg

 

 

詳細情報

2012年4月17日 (15:29) | コメント(0) / カテゴリ:李燕珍@広州

温具

   大家好!

   我是CLTS的茶艺讲师李燕珍

 

在泡茶之前,讲究温洗泡茶的器皿,我们将此步骤称为温具。

茶是至清至洁的,所以要求泡茶的器具也要至清至洁。那我们在泡茶前用热水再烫洗一遍干净的器具,表示对嘉宾的尊敬。除此以外,我们将接下来要冲泡的茶叶投入刚温热的盖碗里,还可以为接下来的摇香创造有益的条件。

 

li-y-12-4-13.jpg

詳細情報

2012年4月13日 (15:15) | コメント(0) / カテゴリ:李燕珍@広州

沏茶择水论

    大家好!

    我是CLTS的茶艺讲师李燕珍

 

好茶配好水,好水沏好茶!有好茶,不妨花点心思寻觅好的水,然后便可好好地静心品茶啦!

茶性借水而发,水质的不同对茶汤的色、香、味、韵都有很大的影响。茶叶品质越高,水质对其的影响越大,茶叶品质降低,水质的影响也就随之减小。

沏茶理想用水,从感官审评来讲,水质要求清、活、轻,水味要求甘与冽,从其物理化学指标来讲,则要求沏茶用水应是矿化度低、硬度小、酸碱度适当且无污染。

天然水沏茶的优劣顺序一般为:泉水(不包括硬度高、矿化度高的矿泉水)、溪水、天落水(即雨、雪水)、江河湖水、井水。人工处理水的优劣顺序一般为:纯净水(含蒸馏水、去离子水等)、矿物质水、自来水。

在可以获取到合适天然水的情况下不推荐使用人工处理水沏茶。因为名茶有好水才能相得益彰。

 

li-y-12-4-9.jpg

詳細情報

2012年4月 9日 (14:37) | コメント(0) / カテゴリ:李燕珍@広州

东方美人

    大家好!

    我是CLTS的茶艺讲师李燕珍

 

据史志记载,柯朝氏曾于嘉庆15年,从武夷山带回茶种,在台湾试种成功,开创了台湾生产乌龙茶之先河。后来,几经改良,武夷岩茶在台湾这座神奇而美丽的宝岛上,演变成一种美丽而神奇的岩茶。这种茶的汤色明澈、橙红,美得像醉酒后的贵妃,这种茶的香气如花蜜、如熟果,香得像纯情少女的芳唇,这种茶的滋味醇和、甜润、温柔,英国女皇品饮之后,芳心大悦,赐名为"东方美人"。 

东方美人也称香摈乌龙、白毫乌龙,它极为名贵,也极为娇贵,容不得有一丝异味。我们在冲泡之前,必须格外细心地净心净手,温烫茶具。只有这样才能泡好这种茗茶。东方美人的外形高雅、含蓄、优美,细细观察,有红、黄、白、青、褐等五种颜色,美若墩煌壁画中身穿五彩斑羽衣的飞天仙女,所以茶人们也称为"五色茶"。

 

li-y-12-4-5.jpg

 

 

 

詳細情報

2012年4月 5日 (15:02) | コメント(0) / カテゴリ:李燕珍@広州

茶梗知多少

  

  

  大家好!

  我是CLTS的茶艺讲师李燕珍

 

   以前喝茶的时候,一直觉得有茶梗的茶就是差的茶,我错误地将茶梗定义了差评。现在明白了原来茶梗还真不是什么坏东西。

茶梗,特指从成品茶上拣出的叶梗,最常见的是铁观音茶梗,也有人称茶枝。

茶梗中含有相当数量的香气物质,茶叶在加工过程中,香气从梗转移到芽叶中,所以,要有适当的茶梗才能制出香高味浓的茶。

虽然茶梗的营养成分有限,但如今也有茶人开始泡饮茶梗,美其名"煮茶梗的茶艺"。

 

li-y-12-4-1.jpg

詳細情報

2012年4月 1日 (14:26) | コメント(0) / カテゴリ:李燕珍@広州

講師募集


講師募集

中国茶藝を世界に伝えたい

中国広州に本校を構え、400名以上の方が習われた中国茶藝講座。
中国が世界に誇る中国茶藝の伝統を大切にしながら講義を行なっています。 2012年8月上海に教室をオープンし、上海でも中国茶藝の素晴らしさを伝えていきます。
そして、学んで頂いた内容を他の方に教えて頂く講師を随時募集しております。 講座の内容などはCLTS本部でサポートさせて頂いております! 一緒に中国茶藝を伝えていきませんか?
ChineseLife中国茶スクール

中国茶・中国茶器世界ブランド「ChineseLife」

日本人が経営する中国広州の四つ星ホテルに拠点を構えている中国茶専門店です。
1年の90〜100日をかけて中国を歩き、茶農家の方達と一緒に作り続けてきた安心で安全な中国茶を 世界の方々に伝えるために今日も日々奮闘しております。
ChineseLife紹介

大高勇気オフィシャルサイト

2002年8月25日に中国広州を訪れ、中国と10年ほど関わり、中国の貧困層から富裕層まで幅広い付き合いをしていく中で、「人」を学び「人」を考え、「人」の教育を学びました。当たり前の事があまり前のように出来ない社会の中で、自分に正直な態度で皆様に私の夢と志を伝えていきます。
大高勇気オフィシャルサイト

大高勇気紹介

中国茶メールセミナー

Facebook

Facebook始めました!

Facebook Facebook始めました!
中国茶を語り続けます!

AERA(アエラ)に掲載!

AERA

表紙:上野樹里/女優
2011年1月3・10日合併増大号 中国に勝った日本人100人(30P)

中国茶の愛

中国茶の愛

中国茶の基礎知識や大高勇気の連載などをこちらで公開しております。 魂を込めて書いていますので、中国茶の世界をより知りたい方に是非読んで頂きたく思います。

読売新聞の記事

読売新聞画像 2009年6月13日の読売新聞「国際」ページに大高勇気の記事を掲載して頂きました。

このページの先頭へ